WHILL Smart Care規約

    WHILL Smart Care規約

    第1条(用語の説明)

    1. 「お客様」とは、本規約に同意いただいたうえで、WHILL Smart Careに申し込みいただいた方を言います。
    2. 「各サービス」とは、本サービスを構成するロードサービス、保険の各々のサービスを言います。
    3. 「機体」とは、当社が販売し、本サービスの対象となるパーソナルモビリティWHILL本体を言います。
    4. 「サービス提供期間」とは、第10条に規定されている期間であって、お客様が本サービスを受けることのできる期間を言います。
    5. 「サービス提供者」とは、当社及び当社提携会社を総称した名称を言います。
    6. 「代理店」とは、当社の代理で本サービスの申込を受け付けている会社を言います。
    7. 「当社」とは WHILL Smart Care を提供するWHILL株式会社を言います。
    8. 「当社提携会社」とは、当社と共に本サービスを提供する会社を言います。
    9. 「保険」とは、第4条第1項第2号に規定する本サービスを構成するサービスの1つを言います。
    10. 「本サービス」とは、当社及び当社提携会社がお客様に提供するサービス「WHILL Smart Care」を言います。
    11. 「ロードサービス」とは、第4条第1項第1号に規定する本サービスを構成するサービスの1つを言います。

    第2条(目的)

    1. 本規約は、サービス提供者が提供する本サービスの内容及び条件を定めたものであり、サービス提供は本規約に従って、本サービスを提供します。
    2. 当社は、事前の予告なく本規約を変更することができます。この場合、当社は、当該変更内容及び変更日をお客様に対し事前に通知するものとし、当該変更日以降は変更後の規約が適用されます。

    第3条(本規約の構成)

    本規約の本文は、本サービスの共通規約となっており、各サービスの詳細な内容は別紙1及び別紙2に定められています。

    第4条(本サービスの内容)

    サービス提供者は、以下の各号に定めるサービスを提供します。

    1. ロードサービス

      お客様がサービス提供期間中に、機体の搭乗した外出中に、機体に故障等のトラブルがあった際にその場に駆けつけるサービスです。なお、ロードサービスの詳細は別紙1に定めるものとします。

    2. 保険

      お客様がサービス提供期間中に機体搭乗中等にケガを被った場合に、当社提携会社が保険金を支払うサービスを言います。なお、保険の詳細は別紙2に定めるものとします。

    3. メディカルアシスト

      サービス提供者において、サービス提供期間中に、別途交付するパンフレット記載の各種医療に関するお客様の相談窓口を設置するサービスです。

    第5条(申込)

    お客様が本サービスの申込を行うときは、当社オンラインストア、またはコンタクトデスク経由で当社に申し込んでいただきます。または、当社または代理店が別途定める方法で、代理店経由で申し込んでいただきます。

    第6条(料金)

    1. 本サービスの料金は当社オンラインストア記載の金額とします。
    2. 本サービスの料金はサービス提供期間分の前払いとします。
    3. 本サービスの料金の支払いは、申込時に当社または代理店が別途定める方法で支払うものとします。
    4. 本サービスの提供内容の変更、経済事情の変動等により本サービスの料金の変更が必要なときは、当社は合理的範囲内で料金を変更できるものとします。

    第7条(サービスの中断・停止)

    1. お客様の原因により、サービス提供者が本サービスを提供することができなくなった場合に、その状況が解消されるまでの間、当社は即時に本サービスの提供を中断または停止することができます。
    2. 前項の他、サービス提供者は、別紙1及び別紙2に規定する本サービスの全部または一部を提供できない場合に該当した際に、本サービスの全部または一部を中断または停止する場合があります。

    第8条(損害賠償)

    本サービスの提供に伴いお客様に損害が発生した場合、当社は、本規約に定める範囲でのみ損害を賠償します。ただし、当該損害は、直接且つ通常の損害に限るものとし、特別損害、間接損害、及び懲罰的または派生的損害については一切の責任を負わないものとします。また、当社はお客様の故意または重過失により発生または拡大した損害について当社は一切の責任を負いません。

    第9条(権利義務の譲渡の禁止)

    お客様は、サービスの契約に関する権利及び義務を第三者に譲渡できません。

    第10条(本規約の有効期間)

    1. サービス提供期間は、お客様申込内容におけるサービス開始希望日の午前0時(以下、「サービス開始日」という。)から、申込時にお客様が指定したサービス提供期間の末日を経過するまでとします。ただし、サービス開始日は、お客様(代理店経由も含む)が当社または当社指定先に申込を行った日と同日、またはそれより先の日付に限り指定することができるものとします。なお、お客様申込内容において自動更新が定められている場合、当該自動更新の定めに基づき、サービス提供期間は自動的に延⻑されるものとします。
    2. 当社は、前項により定まるサービス開始日を記載した書類(以下、「加入書類」という。)を郵送でお客様に通知します。
    3. お客様は、本サービスの申込を、代理店を介さず当社で行なった場合、サービス開始日までに本サービスの料金を当社にお支払いいただく必要があります。
    4. 当社または代理店は、サービス提供期間の終了する前の適切な時期に、更新通知の案内をお客様に送付します。お客様が当該更新通知に従い更新手続きを行なった場合は、本サービスはお客様が更新手続き時に指定したサービス提供期間分延⻑されるものとします。

    第11条(変更手続き)

    1. お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等、申込書に記載の情報に変更があった場合、お客様は当社指定の書面を当社または代理店に提出するものとします。なお、当社指定の書面は当社または代理店から取り寄せることができます。
    2. 前項の届出があったときは、当社は、その届出のあった事実を証明する書類を提出していただくことがあります。

    第12条(途中解約)

    1. お客様は、サービス提供期間であっても、当社指定の書類を当社に提出することで本規約を解約することができます。なお、当社指定の書面は当社または代理店から取り寄せることができます。
    2. 当社は、お客様に事前に通知することにより、本サービスの提供を終了することができます。
    3. 当社は、お客様が次の各号いずれかに該当するときは、直ちに本規約を解除することができます。
      1. お客様が本規約に定める義務に違反した場合
      2. お客様が暴力団等反社会的勢力であることが判明した場合。もしくは暴力。脅迫等の犯罪を手段とする要求があった場合
    4. 当社が前項に基づき契約を解除したときは、お客様は当社が被った損害を当社に支払うものとします。
    5. 当社は、本条によりサービス提供期間中に本規約を解約、解除または本サービスの提供を終了した場合でも、お客様に本サービスの料金を返金はいたしません。

    第13条(個人情報)

    1. 当社は、本サービスに基づき取得したお客様の情報(住所、氏名、電話番号、身体状況等を含み、以下「個人情報」という。)を、個人情報の保護に関する法律に従い、適切に利用・管理します。
    2. 当社は、本サービスにより取得したお客様の個人情報を、本サービスの提供及び改善のために利用し、お客様の同意なくそれ以外の目的に使用しません。
    3. 当社は、当社提携会社を通じて本サービスを提供する場合があります。この場合、当社は、本サービスの提供に必要な範囲において、個人情報を当社提携会社に提供する場合があります。

    第14条(準拠法・裁判所)

    本規約に規定のない事項については、日本方を準拠法とし、本規約に関する訴訟については東京地方裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所とします。

    2017年8月1日 施行

    2020年5月1日 改定

    2021年4月1日 改定


    別紙1
    ロードサービス規約

    第1条(規約の目的等)

    別紙1は、当社提携会社が、お客様に対して提供するロードサービスの事項を定めたものです。お客様は、別紙1の内容を承認の上、ロードサービスの提供を受けることができます。

    第2条(ロードサービス利用者の範囲)

    ロードサービスの利用者は、お客様本人のみを対象とします。

    第3条(ロードサービスの内容)

    1. ロードサービスは、機体が自力走行不能な状態となった場合に、機体を自力走行不能な状態となった場所(自力走行不能となった場所から機体を移動後に「電動車椅子ロードサービスデスク」に連絡を行なった場合は、当該移動先を自力走行不能となった場所とみなします。)からお客様の指定する場所まで搬送します。ただし、お客様が当社に搬送を希望する場合、当社指定の搬送先に搬送いただき、当社指定の搬送先をお客様の指定する場所とみなします。当社指定の搬送先から当社までの搬送料はお客様に負担いただきます。
    2. このサービスは以下のとおりとします。
      提供時間 24時間 365日
      提供地域

      日本国内のみとします。

      (一部離島など対象外の地域もあります。)

      無料搬送距離 50km まで

      利用前提

      • 自力走行不能な場所がお客様にとって危険な場所(踏切の中や横断歩道途中等)の場合、安全な場所へ退避していること
      • 機体への乗り降りが困難な場合に介護者が立会うこと
    3. 帰宅費用サービスに関して
      1. 外出先での事故や故障により機体が自力走行不能となり、当日の移動のために代替の交通手段が必要となった場合に、5,000円(税別)を限度にお客様がご自宅へ移動するための交通費をお支払いします。なお帰宅されない場合には、当面の目的地一か所までの交通費をお支払いします。
      2. 帰宅費用サービスご利用上の注意
        • トラブル現場からご自宅または当面の目的地までの、タクシー・電車・バスによるご移動の片道の交通費をサービス対象といたします。
        • 交通費は一旦お客様にお立替いただき、後日請求書類とあわせて領収書の原本をご提出いただいた上での精算となります。
        • 交通費のご請求は、原則として所定の用紙を、サービスのご利用より50日以内にご返送いただいた場合に限り有効といたします。
        • お客様本人のみの交通費を対象とします。但し、有料道路通行料金、私的に発生した費用、お客様本人以外が利用した場合の交通費等は精算対象外お客様のご負担となります。

    第4条(ご利用上の条件)

    1. 第3条[ロードサービスの内容]に規定する無料搬送距離を超過した場合にかかる費用は、お客様のご負担となります。
    2. お客様が未成年者の場合は、当社提携会社による親権者の同意確認が必要となります。
    3. 当社提携会社は、ロードサービス利用のご連絡をいただいた際、聞き間違いを防ぐなどサービスの提供を適切かつ円滑に遂行するために、通話記録を保存する場合があります。
    4. 交通事情、気象状況などにより、ロードサービスの提供に時間がかかる場合、またはロードサービスの提供ができない場合があります。時間を要したこと、またはロードサービスの提供ができなかったことでロードサービス利用者お客様に何らかの損害が発生しても、サービス提供者は一切の責任を負いません。

    第5条(ロードサービス利用者お客様の義務)

    1. 警察への届出が必要な事故のとき、警察への届出が未済の場合や、機体の移動などについて警察の許可を受けていない場合などロードサービスの提供ができない場合があります。
    2. ロードサービスをご利用の際には、現場作業時にお客様の立会いが必要となります。現場での立会いができない場合は、ロードサービスの提供ができない場合があります。
    3. お客様は、当社提携会社に対して、ロードサービスの提供に必要な協力を行わなければなりません。協力をいただけない場合、ロードサービスの提供ができない場合があります。
    4. ロードサービスを提供した後に、ロードサービスの対象ではないことが判明した場合、お申し出の情報がロードサービスご利用時またはご利用後に虚偽ないし事実と異なることが判明した場合、またはロードサービスの利用に必要な会費の未払いが解消されない場合は、サービスの提供に要した一切の費用はお客様のご負担となります。

    第6条(ロードサービスの提供ができない場合)

    1. 自力走行不能な状態となった原因が次のいずれかに該当する場合は、ロードサービスの提供ができません。
      1. 機体の盗難・紛失(部品を含む)
      2. お客様の故意または重大な過失
      3. お客様の闘争行為、自殺行為または犯罪行為
      4. 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動
      5. 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
      6. 核燃料物質(使用済燃料を含みます。)もしくは核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故
      7. 上記(6)以外の放射線照射または放射能汚染
      8. 差し押え、収用、没収、破壊等国または公共団体の公権力の行使。ただし、火災消防または避難に必要な処置としてなされた場合はこの規定を適用しません。
      9. 航空機、船舶、鉄道、自動車等による輸送中の事故
    2. 次のいずれかに該当する間に自力走行不能な状態となった場合には、ロードサービスの提供ができません。
      1. 競技、競争もしくは興行またはこれらのための練習
      2. 機体の性能試験を目的とした試運転における運転
      3. 酒気を帯びた状態で機体を運転している間
      4. 麻薬、大麻、あへん、覚せい剤、シンナー等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で機体を運転している間
    3. 以下のいずれかに該当する場合は、ロードサービスの提供ができません。
      1. お客様から電動車椅子ロードサービスデスクへ事前のご連絡が無い場合
      2. ロードサービスを提供する際に使用する道路あるいは地域が、通行できない道路(通行禁止道路、季節的閉鎖道路、工事用道路、レースまたはラリーを目的とする場所等)、自然保護または環境保全等の見地から主務大臣が通行禁止を指定した地域、また、出動車両の通行が極めて困難な場所(凍結道路、未除雪道路、未整地地域、海浜、河川敷、建物内等)及び自然災害により危険が予知される地域や作業が困難な場所である場合
      3. 機体が違法改造または後付パーツの装着により、通常の作業で二次破損等が生じる可能性があるか、または作業が不能となるような機体である場合
      4. お客様が別紙1の内容に違反した場合、または当社提携会社が、お客様におけるロードサービスの利用方法等が不適切と判断した場合

    第7条(ロードサービスの提供に伴う損害)

    ロードサービスの提供に伴い、機体の破損、人身事故その他の損害が発生した場合において、当会社及びサービス提供業者は、故意または重大な過失がない限り、それらの損害に対する賠償責任を負わないものとします。

    第8条(代位)

    サービス提供者は、本サービスの費用を第三者に損害賠償金として請求することができる場合、提供したサービスに関する費用の額を限度とし、かつ、お客様の権利を害さない範囲で、お客様がその者に対して有する権利を取得します。


    別紙2
    保険の概要

    〜総合生活保険(傷害補償)交通事故傷害危険のみ補償特約付き〜

    1. 保険の内容

      交通事故等(※)により、保険の対象となる方がケガをした場合に保険金をお支払します。

      ※交通事故等とは、以下のものをいいます。

      • 運行中の交通乗用具(自転車、自動車、電車、バス、航空機、船舶等)との衝突、接触等の交通事故
      • 運行中の交通乗用具に搭乗している間の事故
      • 乗客として駅の改札口を入ってから出るまでの駅構内における事故
      • 作業機械としてのみ使用されている工作用自動車との道路通行中の衝突、接触等の事故
      • 交通乗用具の火災による事故
    2. 保険の対象となる方
      本サービスのご加入者様(ご本人)
    3. 補償内容
      保険金の種類 保険金額
      死亡・後遺傷害保険金 100万円
      入院保険金日額 3,000円
      個人賠償責任保険金 1億円
    4. 保険金をお支払する主な場合
      死亡保険金

      事故の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合

      ⇒死亡・後遺障害保険金額の全額をお支払いします。

      ※1事故について、既に支払われた後遺障害保険金がある場合は、死亡・後遺障害保険金額から既に支払われた金額を差し引いた額をお支払いします。

      後遺障害保険金

      事故の日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合

      ⇒後遺障害の程度に応じて死亡・後遺障害保険金額の4%〜100%をお支払します。

      ※1事故について、死亡・後遺傷害保険金額が限度となります。

      入院保険金

      医師等の治療を必要とし、事故の日からその日を含めて180日以内に入院された場合

      ⇒入院保険金日額に入院した日数(実日数)を乗じた額をお支払いします。ただし、事故の日からその日を含めて180日を経過した後の入院に対してはお支払いできません。また、支払対象となる「入院した日数」は、1事故について180日を限度とします。

      個人賠償責任保険金

      国内外において以下のような事由により、保険の対象となる方が法律上の賠償責任を負う場合

      • 日常生活に起因する偶然な事故により、他人にケガ等をさせたり他人の財物を壊した場合
      • 保険の対象となる方が居住に使用する住宅の所有、使用または管理に起因する偶然な事故により、他人にケガ等をさせたり他人の財物を壊した場合
      • 電車等を運行不能にさせた場合
      • 国内で受託した財物(受託品)を壊したり盗まれた場合

      ⇒1事故について保険金額を限度に保険金をお支払いします。

    5. 保険金をお支払しない主な場合
      • 地震・噴火またはこれらによる津波によって生じたケガ
      • 無免許運転や酒気帯び運転をしている場合に生じたケガ
      • 脳疾患、疾病または新進喪失によって生じたケガ
      • 妊娠、出産、早産または流産によって生じたケガ
      • むちうち症や腰痛等で、医学的他覚所見のないもの  等
    6. 事故時のお問合せ先

      万一事故が起こった場合は、事故受付センターまでご連絡下さい。

      【事故受付センター】

      東京海上日動安心 110 番(事故受付センター) 0120-720-110

      ※受付時間:24 時間・365 日